イカ釣り初心者がエギングやってみた。




最近、新聞の釣り情報を観ながら「イカ食いたいね〜」なんて相方さんが言うもんだから、初心者ながらエギング行ってきた。

エギングするにあたって、取り敢えず…

 

今回、エギングをするにあたりガイドして頂く事になったのは美容ディーラー門脇氏。

イカが食べたいと言う話を門脇氏にすると、

「いいっすよ!案内しますよ!」といって頂いたので、お言葉に甘え、ガイドしてもらう事に。

エギングタックルに関しては、一昨年始めようと思った時に一通り揃えていた。

その年はイカはあまり好調ではなく、一度釣行したが釣ることはできず、今回、2年ぶりのエギング釣行。

 

そして今回は相方さんも参戦すると言うことで二人で予習してからの釣行。

もちろん、観ていたのはYouTube

ほんと、今の時代は検索するとすぐに情報が見れるのでありがたい。ww

エギングの基本をしっかり叩き込んで釣行に向かう。

さすが、地元の人は違う。

門脇氏と二ツ井で待ち合わせし、案内の元ポイントに向かう。

途中、門脇氏が寄り道して実家からエギングタックルを持ち出してきた。

ロッドに餌木がぶら下がっているものを。

「えっ⁈門脇さんそれだけでいいの?」と聞くと「大丈夫っす!おれロストしないんで!w」マジすか!さすが地元の人は違うなと実感。

ロッド一本に餌木一個。本当に、気軽に食材をサクッと釣りに行くスタイル。憧れます。

おいおい、しゃくるの難しいやんけ。

門脇氏に案内してもらいポイントに到着。

餌木をしゃくったことがない相方さんは門脇氏に教わりながらイカ釣り開始。

 

 

見よう見まねで、おれもしゃくる。しばらくして、穂先に伝わる重みに瞬間的に合わせを入れる!

ガッ‼︎思いっきり根掛かり。開始、一投目でロスト。泣

ほんと下手くそすぎる。泣

ノット組み直しながら門脇氏の釣りを観察。やっぱり慣れてる人は違います。

しゃくり方が、実に滑らか。

おれもノットを組み直し再びしゃくる。YouTubeで見るように、綺麗に餌木をダートさせるのが難しい。

適度にラインスラッグ出してないと思うように動いてくれない。

見るのとやるのは大違いです。汗そして、小一時間しゃくったところでようやく慣れてきた。

そしてついに…

待望のアオリイカ!

しばらくしゃくるも、未だ誰も釣れてない様子。

 

 

はるか遠くの磯にいたエギンガー達も近くまできたが、イカが居ないのかみんな引き返して行く。

相方さんの様子でも観に行こうかとを向かうと、何かが足元にいる。

そう、まさしくアオリイカ‼︎表層を泳いで入るではないか!慎重に餌木を落として誘うも逃げてしまった。

土日叩かれて、スレてしまっているよう。

そのあと水中を注意して見ると、結構イカが泳いでいる!そのイカを狙うも釣れる気配がない。

ここで一度、お昼の小休憩を挟む事にした。

午後からの時間帯に期待…

昼食後、つぎのポイントに向かう。

イカの姿は確認できたので、集中力がアップ。ラインスラッグに注意してじっくりフォールさせて行く。

浮いてるイカは全然反応しないので、底付近にいるであろう個体を狙う。

 

しかし、底まで沈めるとどうして根掛かりが多発してしまう。

再び餌木をロスト。ほんと海に申し訳ない。

途中余りにも釣れなくて、持ってきていたルアーやメタルジグを投げて観たが、魚からの反応もなし。

この場所に見切りを付けて、魚影の濃かった最初のポイントに戻る事にした。

これからって時に…

最初のポイントに戻ると、すでに先行者が多数。

やはり実績のあるポイントのようです。

入れる場所を見つけ各々しゃくるが、息子達を保育園に迎えに行く時間が迫り、この日はノーフィッシュでタイムアップ。

 

残念ながら、初イカゲットはなりませんでした。イカの姿が見えていただけに実に悔しい。

帰りはお約束でイカ刺しを買って帰りました。ww

エギングを振り返り

今回、門脇さんが教えてくれたイカを探すコツ。

1、墨跡がある場所を探せ!

2、タバコの吸い殻が多い場所は回遊待ちの可能性大!

3、海藻が引っかかってくるところもOK!

墨跡がある場所は、やはりイカが上がっている実績ポイント。

その場所に多数墨跡がある場合、イカが溜まりやすい場所が近くにある証拠。丁寧の探るべし!

タバコの吸い殻が多い場所はフカセ釣りのポイントの可能性大。

魚の回遊ルートがあると思われるのでイカも回遊してくる可能性あり!

海藻が引っかかってくる場所は、イカの隠れる場所が多数あるポイントなので満遍なく探るべし!

以上、門脇氏のアドバイス。

今回俺の反省は、古いラインを新しくしていけばよかった。

2年ぶりに使うPEラインは強度低下しているのかすぐに切れてしまってダメ。

ノットを組み直し、強度を確かめるために引っ張っただけで切れる。

余りにも切れるので、予備に持ってきていたリールに交換。

ラインチェックは疎かにしたらダメですね。海も汚しちゃうし、懐のダメージも大きい。

次回は、万全の体制で挑みたい。

門脇さん、忙しい中お付き合いいただいて有難うございます。必ず、リベンジしましょう!

シーズン中に、必ずイカ刺し食ってやる‼︎(釣ったやつ。ww)

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です