ウォシュレットの悲劇…




どうも。毎朝時間に追われているぼくです。

そんな、朝の忙しい時間の一幕。

いつもの様に、長男(3歳)が「ウンチ出る〜」と言いながらトイレに駆け込んで行く。

あとは「ウンチ出たら教えてねー」と言い残し、長男が用を足している間に色々準備をする毎日。

そして、しばらくすると「でったー」と教えてくれる。

しかし、お母さんからは「ウンチ三本出るまで頑張ってね」と言われる長男。

……

……

つーか、3本も出んのか?ww

そもそも3本って何⁉️ww っていつも俺は思っている。

そんな感じで、リミットの3本をきっちり揃えたトイレに行くと、案の定、極悪な臭いがするわけで。

そして今日は一杯出ていたようなので、ウォシュレットをお見舞いしてあげることにした。

まだ、小さいので子供用のこのような便座をセットしている↓

以前始めてウォシュレットをやった時は

こんな感じでビックリしていたけど、慣れてくると「気持ちいいー」とか言ってる。w

んで、今日も再びやってみて少し固まりながらも「気持ちいいー」と言っていざお尻を拭こうとすると

……

……

お尻じゃなくて、背中をウォシュレットしてた。ww

おまえホントに気持ちよかったんかい。(*゚‐゚)ぼぉー・・

そんなわけで、いつもよりも余計に時間がかかってしまった仙台家なのでした。w

子供の座るポジション…

最重要!!!!(爆)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です