今シーズン初の大物は…




今年はコロナウイルスの影響もあり、早々に俺のスノーボードシーズンが終了してしまったので、バス釣りの開幕が例年より早くなってしまいました。

行ってる割に全然釣れてないんですけどね!www

そして、ようやく初フィッシュが釣れたのが4月27日になってから。

場所は大館市の柄沢にある小さな野池。ここは浅くて日当たりも良い小規模な野池なのでシーズンが始まるには早いほうかなと思います。

タックルはグリッサンド77セルテート2506hにPE0.8にリーダー12lb。ルアーは、ゲーリーのカットテールのネコリグをセット。

今シーズンは、フィネスな釣りを覚えるのを目標に行くつもりですが、最初からそんなにフィネスじゃないってゆう。www

柄沢は皿池なので、取り敢えず池中央にルアーをキャストしてボトムをネチる。

底の枯れたウィードを解しながらネチってくるとすぐに生命反応が!

可愛いサイズの小バスちゃんが来てくれました!僕の安定のサイズです。w

その後も、金太郎飴状態に同じようなサイズがポツポツ釣れてくれたので楽しかったです。

それから1週間後のゴールデンウィーク初日の早朝…人生初となる魚を釣り上げてしまいました。

冬の間に用意していた新しいロッド。グリッサンド73cの調子を見るべく再び柄沢の野池へ。

ルアーはガンクラフトのバリキシャッドをチョイス。スローに引いてもワイドなウォブリングで朝一のサーチにはもってこいのルアーです。(俺的勝手な判断でw)

少し波だった水面直下をテロテロとスローに引いてくると、ピックアップ直前の足元でいきなりルアーが黒い魚に引ったくられた!!

魚が反転した瞬間に電撃フッキングが炸裂して、ニューロッドに魚の重みがズシっと伝わってくる。

柄沢ではじめてのデカバスきたか?!と思ったのも束の間…クルクルローリングしだす魚。。。

この感触はまさか?!

そう。とうとう僕も釣り上げてしまいました。

人生初のナマズちゃん。八郎潟でかけたことはあったけどキャッチまでは至らなかったので、本命ではないけど素直に嬉しい!正直なに釣れても嬉しんですが。w

柄沢にもナマズっているんだなと感心しました。(でも何故かメジャーに乗せるのは若干の抵抗が…w)

グリッサンド73cの入魂と調子も確認できたし、ナマズの引いも堪能できたので素晴らしい釣行になりました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です