アベンタクローラー×下川原の野池




先週の57cmのデカバスハントから早1週間。あの引きが忘れられず再び下川原の野池にロクマルチャレンジ。

今回のタックルはロッドはグリッサンド73cにリールはブラック6にナイロン20lb。それにスタジオコンポジットのカスタムハンドルをセットしたものを用意。

前回の釣行で、やはり自分のスタイルでデカイのを出せるのはトップくらいしか思い浮かばなかったので、今回もトップのみで粘らず短時勝負。前回は沖のカバー周辺にアプローチしていたけど、今回は足元のカバー周りも狙ってみることにした。しかし、5ozくらいあるトゥナイトでは着水のプレッシャーがかかりすぎてしまうと思ったので、ボディーの大きさの割には着水音もソフトなアベンタクローラーをチョイス。

Attachment.png

ウィードが水面まで伸びているのでルアーをトレースしにくい状況の中、なんとかいい感じに引いて来れそうな場所にキャストしてアベンタクローラー特有の羽根の金属音が鳴るスピードでリトリーブ。

すると足元まで来たところで、ボフッとバイト。しかし残念ながら乗らず…

Attachment_1.png

俺の経験上、でかいバスほど1度バイトしたら2回目は無いなと思ってたけど、諦めずに同じコースを今度は羽根の音が鳴らないギリギリ動くスピードでデッドスローリトリーブ。

すると全く同じところで再びバイト!しかも今度はバッチリフッキングも決まる。手応えからしてなかなかなサイズを確信して、ウィードに潜られないように一気に巻いて寄せてくる。フックのしっかりかかっていたようなのでそのまま抜きあげる。

上がってきたバスはギリギリ50cmあるか無いかのいいバス。グリッサンド73cでは抜き上げがギリギリすぎて、折れてしまうかもと思い焦りました。w

狙っていたサイズではありませんでしたが、この日も良型が釣れたので大満足な釣行になりました。やはり下川原はポテンシャル高いです。今の時期でウィードなどでかなり覆われてるので、ワームやフロッグなど楽しそうなフィールドです。大館のバス釣りにはおすすめな場所ですよ!皆様も是非行ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です